ホルモンバランスの乱れ・外的影響・ストレス・内臓障害からニキビができる

ニキビが出来る主な原因はホルモンバランスの乱れ・外的影響・ストレス・内臓障害などが挙げられ、老廃物を生み出したりニキビの出来やすい肌へ変えていってしまいます。。通常、老廃物は皮脂として産毛などから排出されるのですが、肌表面の汚れや傷などで排出されずに詰まってしまうとニキビになります。詰まってしまった皮脂は酸化し、アクネ菌が炎症をおこしてどんどん悪化していきます。
肌表面を清潔に保つことで改善されていくのですが、一番の天敵は外的影響である紫外線です。紫外線を浴びると肌は守ろうという機能が働き肌の層が厚くなっていきます。厚くなった層は固く皮脂の排出の妨げになってしまいます。とくに紫外線の浴びやすい鼻先などはニキビの出来やすい箇所になってしまいます。
2. ニキビの改善方法について書いてください
改善の一番の方法はストレスをためずに食生活を変えることです。具体的に言うと、油っぽい物ばかりを食べずにビタミンB2(レバーや納豆)・B6(ニンニクやマグロ、カツオ)を多く含む食材を取り入れ、水分補給もしっかりして血液循環を良くし老廃物を溜めにくくするとニキビの出来にくい体質になっていきます。もちろんそれだけでなく、外的影響に関しては夜更かしをしない、シャンプーの泡をしっかり洗い流す、化粧をしっかり落とす、お風呂に浸かる習慣をつけてリラックスするなどをプラスしてあげるとより改善に近づきます。
ちょっとした生活の乱れでニキビは出来てしまうものなので日ごろから出来にくくする体質を作っていくのが改善への一番の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です