アクネ菌の数が増えて炎症!赤ニキビの正体

ニキビには赤ニキビや白ニキビなど色々な種類がありますが、どれも出来るメカニズムは「毛穴に皮脂や角質などが詰まり、それを栄養分にアクネ菌が繁殖して炎症を起こす」というものです。
アクネ菌というのは、人間の皮膚には必ずいる常在細菌であり、平常時は肌表面のバランスを整える働きがあります。しかし、この菌が毛穴に皮脂や角質などと一緒に詰まってしまうと、アクネ菌の数が増えて炎症になるのです。
思春期になるとニキビが増えるというのは、第二次成長期でホルモン分泌が増えたことにより皮脂の分泌も増え、毛穴が詰まりやすくなるからですし、大人になってから発生するニキビは、新陳代謝の低下や肌機能の低下により皮膚が硬くなり、ターンオーバーが正常に行われないことで毛穴に角質が詰まるというわけです。
他にも、ストレスなどによるホルモンバランスの変化なども大きな理由です。ニキビの改善方法について書いてください
ニキビを改善するために最重要なのは「毛穴を綺麗に保っておくこと」です。
ニキビの改善方法としてよく耳にする「ホルモンバランスや食生活などを整えて皮脂の分泌を抑制する」とか「肌の角質をこまめに取り除く」というのは、全て毛穴を綺麗に保つために行うものなのです。
また、毛穴を詰まらせるのは、皮脂や角質だけではありません。女性が日常的に利用する化粧品や日焼け止めなんかも塗りすぎれば毛穴を詰める要因になってしまうのです。
毛穴の詰まり具合とニキビの出来やすさというのは完全に比例しますので、日常生活からいかに毛穴に詰め物をしないかというのが重要になります。
肌を綺麗に保ち、化粧などを抑え、そして日々のストレスを減らすことを心掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です