なぜ皮脂が毛穴に詰まってしまうのか?

ニキビの出来るメカニズムについて書いてください
ニキビの原因は簡単に言うと毛穴のつまりによってできてしまいます。皮脂が毛穴に詰まって酸化し、そこでアクネ菌が増殖すると炎症がおきてニキビができるのです。

成長ホルモンの影響
思春期になると分泌が増え、とくにTゾーンの皮脂分泌が促されます。

男性ホルモンの影響
皮脂分泌が活発化し、皮膚の角質が硬くなります。

黄体ホルモンの影響
皮脂自体を分泌させる作用があり、生理前などに分泌量が増え、すでにできていたニキビの悪化につながります。

ストレスの影響
ストレスにより自律神経に変調をきたすようになると、副交感神経とのバランスが乱れ副腎皮質ホルモンが多量に分泌されてしまいます。この副腎皮質ホルモンは男性ホルモンの分泌を促す作用があります。

このような様々な影響を受けることで、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴がつまってしまいます。
2. ニキビの改善方法について書いてください
紫外線対策
紫外線を浴びて角質があつくなることにより、毛穴のつまりが促されニキビができやすくなるため、紫外線対策はとても重要です。

メイクをしっかり落とす
クレンジングをしっかりすることでファンデーションの油分をしっかりと取り除くことがニキビ予防につながります。

食生活から気を付ける
糖分や脂分の摂りすぎにるとニキビができやすくなるので注意しましょう。

便秘をしないようにする
便秘により腸内環境が悪くなるとニキビの増殖を促します。食物繊維の多いものを摂り気を付けましょう。

ストレスをためず、しっかりと睡眠をとる
睡眠不足になるとストレスがたまりやすくなります。ストレスは自律神経の乱れを招き、皮脂が過剰に分泌される原因になるので、できれば6時間以上睡眠時間を取りましょう。

タバコを控える
タバコの中に含まれるニコチンは、血の巡りを悪くします。肌のターンオーバーが順調に行われなくなると、ニキビの悪化を招きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です