ターンオーバー機能を正常に保つ事が重要

ニキビは皮脂腺の慢性的な炎症でありますが、主な原因として考えられるのは毛穴の詰まりです。毛穴が詰まる原因は色々と考えられますが、日々の生活習慣の乱れや生理前による黄体ホルモンの増加が代表的です。毛穴が詰まることによって新しい皮膚を作って古い皮膚を垢として排出するターンオーバー機能を正常に保つことができず、体外へ排出できなかった皮脂が酸化して、アクネ菌を増殖させることで、炎症が悪化してしまうのです。また、日々使っているタオルや寝具に雑菌が付着していると、それが毛穴を詰まらせたり、雑菌が既にできているニキビの餌となって、炎症を広げてしまいます。年齢と共にターンオーバー機能は衰える一方なので、それによって毛穴が詰まりやすくなるのも原因と言えるでしょう。ニキビを改善するためには、日々のスキンケアや生活習慣を見直すことが大切です。まず、洗顔で肌表面の汚れをしっかりと落とすようにして、スキンケアも肌質に合わせた適切な保湿などをし、肌のターンオーバーを正常に整えることが大切です。また、睡眠不足になってしまうと、肌を健やかに保つためのホルモンが分泌されずにサイクルが乱れ、ニキビに繋がってしまいます。食生活もニキビを改善するためには意識しなくてはなりません。食物繊維が不足していると便秘に繋がってしまい、体の中に老廃物が溜まった状態になります。そのため、血液が上手く循環せず、ニキビができる原因になってしまうのです。ニキビを改善するためには、日々の習慣を見直すことは不可欠と言えるでしょう。

ナノクリアの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です