皮脂をしっかりと洗浄して大人ニキビケア

老廃物がたまってしまうと、毛穴の入り口が詰まってしまい、角質の層が厚くなり、皮脂が排出できなくなってしまうと、ニキビができやすくなります。ちなみに、ニキビが出来やすいところについては皮脂の分泌が活発なところで、顔や背中などに特に多く現れます。また、部位の皮脂分泌が過剰になってしまうことも要因の一つです。他、できやすい原因としては、外的刺激によるもの、ストレス、またホルモンバランスの乱れから生じることもあります。

さてニキビは、できる場所によっても、いろいろと原因があるようです。あごやおでこにできるニキビは男性ホルモンの過剰分泌かもしれません。頬や鼻にできるニキビについては、もしかするとどこか身体の不調からくるものかもしれません。思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビは性質が異なるので、それぞれに合った対処が必要です。

皮脂をしっかりと洗浄する

まず思春期にできたニキビの場合は、洗顔を丁寧にきちんとして皮脂を落とすことが必要です。とくに10代の頃は角栓によって塞がれ、皮脂がたまってできてしまうことが主な原因です。洗顔についても、ごしごしと洗い落とすのではなく、優しく丁寧に、また洗顔フォーム等を使用する際は、きちんと泡立てて、肌への刺激が無いように洗うことが重要です。

大人ニキビは保湿をする

大人ニキビの場合は、ストレス、ホルモンバランスの乱れが原因の一つなので、しっかり保湿し、角質層へ水分補給をたっぷり行うことでニキビは改善されます。またバランスよく食事をとったり、質の良い睡眠を心がけることで、ニキビが改善されることも多いでしょう。現代社会はストレス社会ともいえますので、日々の疲れをまずは睡眠とバランスの良い食事を心がけることが重要となります。

ファーストクラッシュの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です